公共料金をクレジット決済にするメリットとは

春から新生活をスタートする皆さんにとっては、生活リズムも確立し始めた頃ではないでしょうか。実家で生活していますと、公共料金などの支払いは親任せにしていたので、お金の管理の大変さも痛感していることでしょう。また毎月支払う公共料金も現金払いの面倒臭さに、ウンザリという方も多いですよね。そこで今回は、公共料金をクレジット決済する場合のメリットをご紹介します。

公共料金をクレジット決済する最大のメリットは、ポイントが溜まるということです。
多くのカード会社ではポイント制度を採用しています。例えば月々支払っている公共料金の合計額が3万円、還元率1%とすると300ポイントが溜まることになります。
1ポイント1円に換算すると300円、年間では3600円ものお金が返ってくるというわけです。さらに公共料金だけでなく、電話料金などもクレジット決済にしておけば、お得度はますますアップしていきます。
ただしよい面がある一方デメリットもあります。電力会社によっては「口座振替割引」というサービスがあります。口座振替を利用することで割引になりますが、毎月支払う電気料金の金額や地域によってはクレジット決済のほうがお得になる場合があります。
電気料金を支払っているのかをきちんと把握すると、どちらがお得になるのか調べてみると良いですよ。

社会人になって、財布に所持金がない時に、クレジットカードが1枚あれば便利です。
毎月支払う公共料金もクレジット決済することで自動的にポイントが付与され、お金に換算されて自分の手許に返ってきます。ポイントが溜まると、何を買うか考える楽しみも増え、クレジット決済の良さを実感できるでしょう。
クレジットカード引き落としにすれば、支払い忘れということはなく、口座から引き落とされますので便利ですよ。キャッシング 即日 スピード