子どもの成長を感じられた、とても楽しい一日でした!

今年、中学生になった長男は発達障害があり、生まれつき体も弱くて運動が大嫌いなので、部活は入らず、帰宅部希望でしたが、お友達と一緒に吹奏楽部に入部して一ヶ月が経ちました。
新入生歓迎会で一年生のソロ演奏があり、長男はホルンで「かえるのうた、きらきらぼし」を演奏しました。
まだ音程は安定しておらず、高い音を出すのが難しいようでしたが、練習期間は2週間だそうで…わずか2週間ぐらいであれだけ吹けたら上出来!と思いました。
他の子もみんな頑張っていて、下手でも最後まで頑張って吹いている姿に感動して泣きそうでした。
顧問の先生からも誉めて頂き、長男も嬉しそうでした。
ソロ演奏が予定より早く終わったので、保護者も楽器を吹かせてもらう時間があり、私も18年ぶりにホルンを吹かせてもらいました。
私も中学生の時に吹奏楽部でホルンを担当していたので、とても懐かしかったです。
それと同時に、長男が吹奏楽部に入部して、私と同じ楽器を担当している事が不思議でしたが、嬉しくて楽しい一日でした。