長者番付にのるような人はどんな仕事をしているのだろう

毎年長者番付なんかが発表されたりしますが、いろいろと驚かされたりすることがあります。
誰がいくら稼いでいようとあまり自分には関係のない話なのですが、その額の大きさにはびっくりしてしまいます。
一年で何億だとか何十億を稼いだりする人がいるというのは、本当なのだろうかと疑いたくなってしまいますよね。
だって、そういう人たちにしてみれば、私たちの年収が月給にもみたいないようなことがあるということです。
なので、いったいどういう人たちがどういう仕事をしていて、どういう稼ぎ方をしているのかというのには、ちょっと興味があったりします。
労働だとか技術の対価として支払われるというのが、お給料や報酬の基本ですよね。
であれば、どういったものを生み出し、社会や人々の生活に貢献しているのだろうと思ってしまうのも当然だと思います。
もし、いまの私が一年にそんな何十億円も稼いでしまったら、後は節約しながら働かずに自由に生きていきたいと考えてしまいます。
でも、高額な年収を稼ぐ人にはあまりそういう人はいなくて、ずっと高い意識で働き続けているというのも不思議に感じたりします。