2018年サッカーワールドカップの事について(その4)

2018年サッカーワールドカップの事について書きたいと思います。日本は、第4ポットに入る事がほぼ確実だという事は、4チーム中一番格下になります。4チーム中一番下のチームに求めれるのが、「番狂わせを巻き起こす力があるのか?」という事です。ワールドカップというのは、時として前回優勝チームが、今大会の1次リーグでいきなり姿を消すというもの稀ではありません。優勝候補が多くひしめき合うワールドカップでは、優勝候補が1次リーグ敗退する場合もあります。今のハリルジャパンがワールドカップで、番狂わせを巻き起こす力があるのかと問われれば、答えはNOです。中盤の人材が不足して、チームに迫力が感じられません。戦う前から負けが予想されるチームは、対戦相手からしたら、ただ単純に勝ち点を献上するだけの存在でしかすぎません。格上のチームに「脅威」を与えるチームにならないと、全く怖くありません。そのため、今のハリルジャパンは、3戦全敗してもおかしくはないのです。